TOKACHI ICEPARK プロジェクト

 

イベント企画・参加及び協賛者の募集について

 

十勝アイスパークプロジェクト実行委員会

以下の準備・企画を検討しています。

 

1.設 営

  • 現在更地の敷地へ、イベント等の開催が可能な設備を整備
  • 外周は歩道歩行者へ影響がないように安全対策として囲いを設置。囲いには協賛社の広告及びアートキャンバス(期間中常設)を掲載
  • 常時2〜3名の常勤管理スタッフを配置予定
  • スケートリンクを作る初めの工程でもある「雪の踏み固め」については参加者を募り行う予定
    ※シーズン初の積雪後
  • 各種イベントに利用できるように簡易ステージ及び客溜まりスペースを確保する予定
  • スケート靴保管・更衣及び休憩室の設置を予定
  • 仮設電気引き込み及び簡易な暖房設備の設置予定
  • イベント開催など混雑が予想される場合には、警備員を配置

 

 

2.催し物、イベント関連

設営自体は1月末〜2月末を予定し、12月末~3月末(予定)までの期間を『街中冬の遊び場』として本空間を色々なアイディアを持ち寄り利用促進します。

 

協賛特典 –

協賛を頂いた企業様・個人又は団体様にはこちらと協議の上ステージ及びイベントスペース部分を無料で利用することも可能となります。

日程の調整なども必要になりますが、実行委員と連携又は単独開催など様々な形態での利用することででき、街中に賑わいを創出して参ります。

規定の用紙にてイベント開催申込→実行委員会にて検討→実施可否通知→開催

※原則として利用時のトラブルや事故については実施者側が責を負うこととなります。

※スケートリンクスペースについては、通常利用されるお客様の妨げにならないよう実施してください。

 

3.スケートリンク

スケート王国十勝には多くのアイススケートに興味のある方や海外の方も含め未経験の方々も訪れます。

気軽に体験できることで、より冬の十勝の魅力アップへと繋がり、アイススケートの普及にも繋がると考えています。

同時に今年度は平昌冬季五輪の年でもあります。十勝出身者及び全日本の選手達は十勝のフィールドで練習される事も多く、このTokachi ICEPARKリンクを通し、選手達へ地域の皆様と共にエールを送る事が出来る場所としても活用できる事を考えております。

これまで、冬の閑散期が一つの課題だった帯広市の街中を、敢えて『スケートリンク』『スケート王国』という視点で逆手に取る事で、地域一体となった魅力発信を実現できます。

以下、現在立案中の内容について

 

  • 選手の壮行会をこのPARKで開催し五輪へのエールをみんなで~夜の灯りとして紙袋ランタンに表現されたメッセージを灯し、十勝を演出する食や音楽やライティングなどを仕掛け活気を街中に創出
  • 五輪期間は様々なオリンピック関連イベントを開催し、選手達へ向けメッセージが集うPARKとして展開。またマスメディアも通じて発信
  • 五輪終了後には選手達に十勝へ凱旋して頂く。地域の皆様と一緒に勇姿を讃えられる凱旋式典を展開
  • スケートの他にもウインタースポーツ全般への拡張性を持たせ、十勝に限ら様々なスポーツ選手達を招いてイベントを実施することで、冬の地域間交流も図れる場所へ。(例:釧路からアイスホッケー、北見よりカーリング等々)

 

4.協賛金募集

会場の設営及び維持のために費用が必要となります。費用の主体として皆様方の支援と協力をお願いしたいと考えております。

上記にあるスペースの無料使用等の協賛特典も用意しております。

協賛金の他にも維持管理・運営・設営時に必要な物品等の協賛も可能です。

その他、地域の皆で灯りで満たす『紙袋ランタン』のイベントも実施予定。その材料費購入の一部を協賛金として活用したいと考えております。(詳細は以降に記載)

また、このプロジェクトの記念品を製作し販売、その売上の一部を運営資金に充当させて頂きたいと考えております。

 

5.灯りの演出[紙袋ランタン]

この紙袋を皆で作成し配置して同時に灯りを灯すことを考えています。
尚、この紙袋の材料費として1枚100円で購入いただき、その一部をICEPARKプロジェクトの運営資金にさせて頂きます。この企画と相性の良いイベントとして、『クリスマス企画』『選手壮行会』『エール企画』、また冬の一大イベント『おびひろ氷祭り』等を想定しております。

 

例)

第1回(クリスマス前:選手へのエールプロジェクト)

第2回(リンクオープンイベント) 等

 

 

 

6.街中の回遊性と利活用

国内ではグランピングが流行し、インバウンドにも関連性が高く、自然豊かな郊外でゆっくりとした優雅な時間を提供しています。十勝も同様ですが、十勝には他の地域にはない魅力的な緑の森『中央公園』があります。
他との差別化を図る上でもこの街中での『冬遊び』は郊外とは異なる魅力が多く潜在していると考えており、街中グランピングでのメリットも多いと考えております。

街中である事ならではの利便性として、「飽きたら帰宅できる」「プチグランピング体験」「食事などは街中を利用する」など様々な『ダウンタウンキャンプ』さながらの魅力を提供できます。他の場所では実現出来ないものがこの帯広の街中にあります。この街中ならではな適度な雑踏や灯り、そして何より街中でありながら見上げる星空の素晴らしさは、もう一つの十勝の魅力としてより認識されるような仕掛けに出来ればと考えています。

 

『ICE PARK』『中央公園』に加えて『駅北多目的広場(夢の北広場)』との連携も図りながら街中の回遊性をより仕掛けられたいいと考えています。

 

 

7.街中の魅力発信プロモーションツールとして~
冬期間のこれら街中の空き地二毛作利用による賑わいの創出を通し、アイススケートを主体とした観光インバウンドへ向けたプロモーションツールの作成も可能になるでしょう。数多くの紙袋ランタンを上空(ドローン等による空撮)からの撮影や、数々のシーンを写真や動画で撮影編集し、帯広の冬期間観光PR素材として使用できます。

 

 

8.道内外クリエーター・アーティストとのコラボ
地域の方々と創出するプロジェクトではありますが、地域外(道内外)で活躍する著名なクリエイターやアーティストを招聘し、地域の若者層へリーチさせるエンターテイメントイベントも企画しております。

クリエイターやアーティスト本人も、このプロジェクトを体感する事で、インフルエンサーとして広く多くの方々へ情報発信も可能となります。現在、レーザーマッピング×音楽等のイベントを企画しております/